トーキョーの「いま、ここ」を楽しむリノベーション。トーキョー・コンサマトリー

事例紹介 リノベーション事例紹介

ククルス戸越

外の景色が出迎えてくれる玄関

お問い合わせ

0120-876-132

[更新日:2013.10.18]

こんにちは。週に一回のサウナが一番の趣味のスマイルKです。
今回はククルス戸越の目玉の一つでもある「玄関」についてご紹介させていただきます。

さて、マンションの玄関は窓がなく暗い場所であることが多いですよね。もちろん窓のある位置は限られていますし、そういう場所には居室や寝室に優先的に配置することが多いので当然といえば当然です。が、玄関は暗くてジメジメした場所というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
まずはこちらをご覧ください。
llll

青い部分ですが、キッチンと玄関の間の壁に開口部を設けています。
すると図のとおり玄関にも光が入ってくる、というわけです。設計の内山氏にお話を聞いたところ、「帰宅をして玄関を開けた時に、開口部を通して外の景色が見える、しかも10階という高さの眺望ですから単なる明るさだけでなく、開放感のある空間になりますね。」と話していました。あとはキッチンで料理をしている奥様にすぐに「ただいま」が言えるっていいな、と私は思いましたが皆様いかがでしょうか。そんなククルス戸越の玄関ですが、もう一つ特徴があります。上の図のグレーの部分はコンクリート仕上げとなります。ちなみにこちらが10月6日(日)現在の写真です。




コンクリートの部分が分かりやすく区切られていました。普通の玄関に比べると上がり框(かまち)までの土間の空間が2mと非常に広くなっています。この空間、一体何に使うのか、と最初は思いましたが、例えば大切な自転車をいつでも目の届くところに置いて、インテリアとして楽しむのもいいですね。



また、寝室とリビングに行き来するために外履きを履く、というのは驚きました。「これだけ広い玄関であれば靴をたくさん置くこともできますし、趣味のものを飾ることもできます。寝室とリビングの行き来には土間を横切るため、スリッパやサンダル等外履きが必要になるかもしれません。ちょっと不便に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、家の中に「外」が取り込まれた不思議な感覚は、ククルス戸越の持ち味でもある遊び心。ぜひ楽しんでみていただけると、嬉しいです。」(内山氏談)建築家は空間を決めるだけでなく、その先にある住む人の生活までイメージして設計をしていることを改めて認識しました。
次回はカメラ将軍による「フローリングの秘密」をお届けします。どうぞよろしくお願い致します。


 

東京都品川区荏原2-1-8

SOLD OUT

所在地
東京都品川区荏原2-1-8
路線
東急池上線「戸越銀座」駅 徒歩5分
都営浅草線「戸越」駅 徒歩7分
東急目黒線「不動前」駅 徒歩14分

物件概要

所在地 東京都品川区荏原2-1-8 価格 SOLD OUT
交通 東急池上線「戸越銀座」駅 徒歩5分
都営浅草線「戸越」駅 徒歩7分
東急目黒線「不動前」駅 徒歩14分
間取り 1LDK
専有面積 53.48m2(壁芯)    
バルコニー面積 4.73m2 権利 所有権
所在階 地上10階 総戸数 54
用途地域 商業地域 法令上の制限 防火地域
管理会社 日本ハウズイング株式会社 築年月 昭和48年4月築
リノベーション費用 約750万円 施工 東横建設

この物件へのお問い合わせ

トーキョー・コンサマトリーに関するお問い合わせはこちらのフォームまたはフリーダイヤルからお願いします。

お問い合わせ

0120-876-132

Tokyo Consummatory

トーキョー・コンサマトリーについて

販売中物件

リノベーション事例紹介

中古住宅流通活性化への取り組み

会社概要

メディア掲載

お問い合わせ

ご売却物件募集中

スタッフブログ

中古住宅リフォームトータルプランについて

Living life facebook