トーキョーの「いま、ここ」を楽しむリノベーション。トーキョー・コンサマトリー

事例紹介 リノベーション事例紹介

ククルス戸越

「ククルス戸越」 生みの親 後編

お問い合わせ

0120-876-132

[更新日:2013.11.17]

長かった夏が終わったと思ったら、今度は一気に深秋の気配がただよい始めました。
皆様、風邪などひかれていないでしょうか。
私べーやんは食欲の秋を満喫しきっております。
 
さてククルス戸越の工事も中盤戦を過ぎ、終盤戦へ差しかかろうとしています。
 
今回も前回に続きまして、
この「ククルス戸越」生みの親、建築家の内山さんへのインタビューを掲載したいと思います。
 
「ククルス戸越」は築40年のマンション。
リノベーション前の状態は、築年数なりの痛みもところどころ出ており、リビングは小さく、部屋がいくつかに分かれた少し窮屈な雰囲気、いわゆる「昔の間取り」でした。
 そこへ外から入ってきたさわやかな風が、行き場を失って立ち止まっている・・
そんな感じでした。


 





設計の内山さんが、そんな状態の「ククルス戸越」と初めて出会ったときのお話を伺ってきました。
 
 
1.戸越ハイツをはじめて見た時の感想はどうでしたか?
 
 
キタ!と思いました。
というのはとても個性的に見えたからです。
そして明らかに現状は使いにくい。プランも不整形。
素がすでに個性ですから、個性を伸ばせる可能性を感じました.

 
2.その時に、何に一番インスパイアされました?
 

インスパイアという言葉が正しいかわかりませんが、
やはりまずは眺望と吹き抜ける風です。
東京タワーが見える、都心ならではの眺望。アーバンライフを楽しむ住まい手の姿がすぐにイメージできました。
 
3.なるほど〜。ここは本当にいい風が吹いていますよね。設計上、いちばん苦労された点はなんでしたか?
 
その個性的な区画から必要寸法の確保ですね。
40年前と生活スタイルも必要な設備もスケールが変わっていますから、間取りの中での寸法が微妙にはまってこない。
そこを微妙に調整しながらプランニングするのが難しかったです。いまは自然に納まっているように見えるかもしれませんが。
 
4.確かに(笑)。自然におさまっているように見えます。
そんな中で、ご自身いちばんのお気に入りの(こだわりの)設計ポイントを教えてください。
 
デザインの大きなポイントでもある、壁の板張りでしょうか。
URBAN CABINというコンセプトで、都会に浮かぶツリーハウスのような雰囲気になりましたね。
 
5.本当にそうですね。普通のマンションにはない独特な温かみのある雰囲気です。
同様に、他にはないククルス戸越の魅力とはなんでしょうか。
 
「夜」でしょうか。
10階というのが微妙な高さ。この高さにある物件をはじめて手がけましたが、ヒューマンスケールとアーバンスケールのちょうど中間だと思いました。
人やまちともしっかり距離がありつつ、景色がまるで航空写真のようにどこか遠いということもない。寝静まった夜など、自分たちだけの世界に浸れるのでは?と思います。
 
6.自分の時間を大切に過ごす上で絶妙な高さなんですね。
どんな人に住んでもらいたいですか?
 
都会の生活を謳歌したい人でしょうか。
今しかないリアル・トーキョーを楽しみたい人たちにぴったりの物件かと思います。
 
7.リアル・トーキョー!格好いいです。
ズバリ内山さんは「ククルス戸越」に住みたいですか?
 
はい。こういっては何ですが、久しぶりに「ここならいいなー」と素直に思えた物件。ちょっと惜しいです。
 
 
設計者自らが「ここならいいなー」と素直に思える家、「ククルス戸越」。
それは商店街も近い便利な立地や、街からの解放感と街への親近感が共存する絶妙な高さや風。そこに触発された設計者の思いやさまざまな仕掛けが、そうさせているのだと思います。
 
近日公開予定のククルス戸越。
ぜひ皆様の目で直接お確かめください!
 

東京都品川区荏原2-1-8

SOLD OUT

所在地
東京都品川区荏原2-1-8
路線
東急池上線「戸越銀座」駅 徒歩5分
都営浅草線「戸越」駅 徒歩7分
東急目黒線「不動前」駅 徒歩14分

物件概要

所在地 東京都品川区荏原2-1-8 価格 SOLD OUT
交通 東急池上線「戸越銀座」駅 徒歩5分
都営浅草線「戸越」駅 徒歩7分
東急目黒線「不動前」駅 徒歩14分
間取り 1LDK
専有面積 53.48m2(壁芯)    
バルコニー面積 4.73m2 権利 所有権
所在階 地上10階 総戸数 54
用途地域 商業地域 法令上の制限 防火地域
管理会社 日本ハウズイング株式会社 築年月 昭和48年4月築
リノベーション費用 約750万円 施工 東横建設

この物件へのお問い合わせ

トーキョー・コンサマトリーに関するお問い合わせはこちらのフォームまたはフリーダイヤルからお願いします。

お問い合わせ

0120-876-132

Tokyo Consummatory

トーキョー・コンサマトリーについて

販売中物件

リノベーション事例紹介

中古住宅流通活性化への取り組み

会社概要

メディア掲載

お問い合わせ

ご売却物件募集中

スタッフブログ

中古住宅リフォームトータルプランについて

Living life facebook